ドラマ「同期のサクラ」と「過保護のカホコ」の共通点は?

2019年10月期、日本テレビの水曜ドラマ「同期のサクラ」ですが、2年前のドラマ「過保護のカホコ」と何か似ていませんか?

どちらも主役が女優の高畑充希さんですが、共通点はそれだけではなかったのです。

今回は、2つのドラマの共通点について探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

同期のサクラ

故郷と本土を結ぶ橋を架けるという夢のため、大手ゼネコンに入社したサクラ(高畑)の10年間を描く。どんなことにも真正面から向き合うサクラと、サクラから夢のために自分を貫く大切さを教わった同期たちの物語。

https://thetv.jp/program/0000962504/

相手が社長だろうが取引先だろうが関係なく、自分の考えをはっきり述べるため嫌われていたサクラが、だんだんと周囲の人から理解され、愛されていく物語です。

そのサクラがなぜか意識不明で入院しており、毎週入院中のサクラに病院で話しかけるシーンから始まります。

「サクラがなぜ意識不明なのか?」、「故郷の橋はかけられるのか?」など最終回に向けて気になるところが詰まっています。

過保護のカホコ

両親に溺愛され過保護に育てられた主人公・カホコ(高畑)が、世の中を知りながら成長する姿と、変化していく家族の絆を描く。

https://thetv.jp/program/0000925667/#plot

2017年の夏に同じく日本テレビで放送されたドラマです。

麦野くんに影響され、ママに歯向かっていこうとするけど、やっぱり出来ないカホコの成長ストーリーでしたね。

2018年にはスペシャルドラマも作成されました。

2つのドラマの共通点は?

脚本家が同じ

どちらのドラマの脚本家の「遊川和彦」氏が手がけたオリジナルストーリーです。

遊川さんといえば、「家政婦のミタ」や「女王の教室」、NHK連続ドラマ「純と愛」など数多くのヒット作を生み出しています。

制作チームが同じ

同期のサクラ過保護のカホコ
チーフプロデューサー西 憲彦西 憲彦
プロデューサー大平 太
田上リサ
大平 太
田上リサ
演出明石広人
南雲誠一
南雲誠一
日暮 謙
伊藤彰記
明石広人
制作会社AX-ON5年D組
制作著作日本テレビ日本テレビ

上の表を見て分かるように、メインメンバーは全て過保護のカホコに携わっていたメンバーです。

出演者が被っている

まず、冒頭でも述べたように、主役がどちらも「高畑充希」さんです。

主役の影響はやはり大きいですが、それ以外にも2つのドラマに出演している方がいます。

社長とじいじ

カホコにすごく優しかった「じいじ」が、同期のサクラではサクラを左遷さてしまう意地悪な社長になって出演しています。

この二人が揃うだけで、カホコ感がグッと上がりますね。

島のおばあちゃんとばあば

じいじに引き続きばあばも!

第7話のゲストですが、サクラのふるさとの島のおばあちゃんとして出演しています。

連太郎のお母さんといとこのいとちゃんのお母さん

第4話のゲストで蓮太郎のお母さん役として出演!

どちらのドラマでも厳しいけど優しいお母さん役として出演していました。

いとちゃん

カホコのいとこのいとちゃんが、本人役として登場!

なんといとちゃんのトレンドマーク「チェロ」を背負って出演しました!

主役の空気の読めない感じ

「サクラ」も「カホコ」も周りに合わせるのが苦手で自分の意見を貫くタイプ。

そして、周りのことは人一倍考えているのに不器用で周りから誤解される感じがどちらも似ています。

そして、自分が言いたい時は誰がなんと言おうと、最後まで一気に言い切る感じも同じですね。

最後に

同期のサクラは、過保護のカホコを見ていた人なら絶対にハマるドラマです!!

逆に同期のサクラにはまっている人は、すぐにカホコを見るべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました