【簿記三級】ネット試験・第2問(T勘定)の練習問題&解き方解説

一番難しいと言われている、簿記3級の第2問について、練習問題とその解き方を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

勘定記入(T勘定)

今回は、勘定記入の問題についてです。
減価償却費の計算と繰越記入、開始記入を正確に行うことができるかがポイントです!

T勘定がなにか分からない方は、こちらの記事を先に読むことをオススメします。

問題

次の資料に基づいて、×5年4月1日〜×7年3月31日の期間の備品勘定と備品減価償却累計額勘定を完成させよ。
なお、当社の決算日は毎年3月31日である。

×5年4月1日  備品¥500,000を小切手を振り出して購入した。
×6年3月31日 定額法によって減価償却費を計上する。耐用年数は4年、残存価額ゼロとする。
   10月1日 備品¥300,000を小切手を振り出して購入した。
×7年3月31日 定額法によって減価償却費を計上する。なお、10月1日に購入した備品についても、耐用年数と残存価格は同様とし、減価償却費は月額計算によって計上する。

日付は、採点に含まないため、空欄でもよい。
解答欄は全て埋まるとは限らない。
解答は上から詰めて記入せよ。

備品
備品減価償却累計額

答え

備品
×5年4月1日 当座預金 500,000 ×6年3月31日 次期繰越 500,000
×6年4月1日 前期繰越 500,000 ×7年3月31日 次期繰越 800,000
×6年10月1日 当座預金 300,000
1,300,000 1,300,000
備品減価償却累計額
×6年3月31日 次期繰越 125,000 ×6年3月31日 減価償却費 125,000
×7年3月31日 次期繰越 162,500 ×6年4月1日 前期繰越 125,000
×7年3月31日 減価償却費 37,500
287,500 287,500

解くことができたでしょうか?

次のページで、解き方を順番に解説しているので、間違えてしまった方はぜひ確認してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました