ロリポップでサブドメインを作成してWordPressをインストールする際に上書きされないようにする方法

新しいブログサイトを作成しようと思い、ロリポップでサブドメインを作成し、同じようにWordPress簡単インストールを使用して、新しいサイトを立ち上げようとしたところ、WordPressが上書きされてしまい、今までのサイトが消えてしまいました…

このようにならないために、WordPressをサブドメインにインストールする方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

既存のWordPressが上書きされている原因は?

既存のWordPressが上書きされてしまう原因は、「公開(アップロード)フォルダ」が今まで使用してきたドメインと新しく作成したドメインで同じフォルダを使用しているためです。

ロリポップのWordPress簡単インストールする際に、「インストール先のディレクトリに同じ名前のファイルがある場合は上書きされます。」という注意書きがありますが、このインストール先というのが、先ほどあげた「公開(アップロード)フォルダ」なのです。

ですので、「公開(アップロード)フォルダ」をサブドメインを作成した場合に変更していない場合は、既存のWordPressファイルが上書きされているということです。

消えてしまったブログをとりあえず復活させたい方は、先にこちらの記事を確認してみてください。

上書きされないようにするには?

「サブドメイン設定」画面で、「公開(アップロード)フォルダ」を指定すれば大丈夫です。

サブドメイン設定画面を開くと、以下のような画面が表示されると思うので、「公開(アップロード)フォルダ」の欄に任意のディレクトリを追加すれば大丈夫です。
例えば、「sub/」みたいな感じです。

最後に、「/」をつけるのを忘れないようにしてください。

この設定さえすれば、WordPress簡単インストールを行っても、既存のサイトが上書きされることはなくなります。

上書きしてしまっても、configを修正すれば、元に戻すことはできますが、面倒くさいので、サブドメインを作成して、WordPressをインストールする際は、「公開(アップロード)フォルダ」の設定を忘れないように気をつけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました