「ベリー・ミニー・リミックス」AとBの両方を見ようとしてる人は注意が必要?

1月10日から東京ディズニーランドで始まったイベント「ベリー・ベリー・ミニー!」!

過去のショーやパレードのダンスが再演されるということもあってとても話題のイベントになっていますね。

また、パレードルートで開催される「ベリー・ミニー・リミックス」は、鑑賞場所、公演日によって公演内容が変わるので、鑑賞場所にも注意を払う必要があります。

スポンサーリンク

ベリー・ミニー・リミックス

ベリミニ

パレードルートで公演する「ベリー・ミニー・リミックス」は、ミニーマウスのキュートでポップな魅力がたくさんつまったミニパレードです。
新しいテーマソングでスタートしたパレードは、途中6ヶ所で停止し、これまでパークを彩ってきた数々のエンターテイメントの要素を織り交ぜながら、ゲストと一体となって懐かしくも新しい世界を繰り広げます。
このパレードは、停止した際に披露される公演内容が、見る日と鑑賞場所によって変わります。日によって異なる3つのパターンに加え、停止した際に披露される音楽やダンスの公演内容も2種類ありますので、複数のパターンをお楽しみいただけます。

https://www.tokyodisneyresort.jp/treasure/fantasy/veryveryminnie/show.html#remix

停止位置は全部で6箇所

https://www.tokyodisneyresort.jp/treasure/fantasy/veryveryminnie/images/shw_map02.png

停止位置は全部で6箇所ありますが、上の写真であるように「A」「B」2つの内容があるので注意してください。

場所を取る際は自分の観たい公演内容の位置へ行くことをオススメします。

比較的空いていると言われている、冬休み終了後の1月の土曜日に場所取りをした際は、1時間前にはミッキーミニーのフロートの停止位置の前の「座り見」、「立ち見2列目」付近まで埋まっていました。

1月2月は閑散期なので、同じぐらいもしくはもう少し遅くても場所を取ることができると思います。

3月に入ると、学生の春休みシーズンに突入し、一年で最も混雑する季節に入ります。また、今年一年のプログラムと発表されており、見納めする人たちも増えてくると思うので、もう少し早く埋まってしまうかもしれません。

「A」「B」両方観れる場所を選ぶ際には注意が必要?

今回のパレードは6回停止ということで、普段よりも停止回数が多くなっています。

そのため、少し遠くなってしまいますが、「A」「B」の中間位置に場所取りすれば、両方の公演を見ることも可能です。

ただし、1点注意しなければならない点があるのです。

停止位置の後方ポジションを選ぶこと!!

両方見れるポジションを考えると、停止位置の「前方」「後方」の二箇所が考えられると思います。

しかしながら、「前方」ポジションで鑑賞すると、次の停止位置の公演が見えないことが多いのです。

なぜ「前方」はダメなの?

ディズニーのパレードを観たことある人なら分かる方もいると思いますが、パレードの最後尾にキャストさんが一列で歩いています。

そして、その後ろはゲストついていくことができるのです。

パレードが停止すると、キャストさんの後ろの行列も止められるのですが、パレードの最後尾の結構近くまで進んだ上で止まります。

ですので、前方側から次の停止位置の方を見ようとしてもゲストの行列で壁が作られてしまうのです。

立ち見で場所をとっていれば見えるかもしれませんが、座り見だと絶望的です。

両方観たい方は、必ず、「後方」ポジションを取るようにしてください。

最後に

懐かしい曲もたくさん流れてきて、とても盛り上がるパレードになっていると思います。

また、今まで見たことがない方もダンスや手遊びで参加できる曲が多くて楽しめると思います。

自分の想い想いの場所で観てみるのはいかがでしょうか?

今回のパレードは、普段のパレードに比べて1回の停止時間が3分ほどとすごく短いです!

「こんなに待ったのに、これだけ?」とならないように自分が納得いく時間から待つことをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました